花柄のスクラブで、リラックスできる治療環境を提供。

開院15周年の節目に時流に乗ってスクラブをユニフォームに。

2005 年9 月の開院以来、地域の方の健康を支える歯科医院として予防から矯正、治療まで総合的な歯科治療を提供しているはぎわら歯科医院。年々新しいスタッフが増え、今では総勢20 名以上のスタッフが在籍する医院に。歯科衛生士はピンクのワンピースかチュニックを着用していたそうですが、ワンピースだと掃除の際や、高い所にある物をとるときなど、スカート丈を気にすることも多かったそう。開院して15年という節目を迎えるにあたり、時代の流れも見据え今後は全員のユニフォームをスクラブに切り替えることを検討。1 年かけて各社のユニフォームカタログや他院のサイトを見て検討した結果、FOLK のスクラブを採用することに決めたそうです。

明るい印象で動きやすいスクラブは患者さんからもスタッフからも好評。

「幅広い年齢層の患者さんに受け入れられる、やさしい印象のユニフォームを探していた」とおっしゃるはぎわら歯科医院のユニフォームとして選ばれたのは、花柄のスクラブ。患者さんにリラックスできる環境を提供したいと考える医院のイメージにぴったり合うことが決め手でした。20 名以上の歯科衛生士が着用するスクラブのおかげで、「院内の雰囲気が明るくなった」と患者さんからの評判は上々。

スタッフからも首周りが窮屈だった以前のユニフォームに比べて動きやすく、被らずに着られるので脱ぎ着がラクだと好評のようです。また歯科医師はワコールHI コレクション、院長はジップスクラブ?を着用することで、誰がどこにいるのかもわかりやすくなったそうです。

病院プロフィール

はぎわら歯科医院

はぎわら歯科医院
群馬県高崎市金古町2143-4

https://www.takahokai.or.jp/ launch

「一生涯、自分の歯で健康に」を診療方針に、できるだけ健康な状態を維持できるよう予防に注力し、患者さんを長期的、かつ総合的な視点で支える地域密着型のクリニック。最新設備を導入した環境のもと、専門医と連携を図り、審美、矯正、口腔外科など専門的な治療も提供しています。

導入商品

フラワースクラブ

フラワースクラブ

フラワースクラブ

看護服が、病院スタッフと患者さんに与える印象を研究されている福岡女子大学国際文理学部教授博士(芸術工学)庄山茂子先生の研究結果によると、白衣が「信頼感?責任感」を印象づけるのに対し、花柄のウエアは「明るい」「やわらかい」「癒される」といったイメージを与えることがわかりました。花柄のウエアには、患者さんの不安や緊張を和らげる効果が期待出来ます。 ナースウエアは、魅力ある病院をつくるための重要なアイテムのひとつ。患者さんにどのようなイメージを与えたいか、患者視点でウエアを選ぶ病院が増えています。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED
久草影院_国内偷拍亚洲手机在线视频_宠妻总裁坏透了完整版