透析室が一足先に導入したサックスのスクラブ。現場の声を参考に、急性期病棟ではピンクを選択。

動きやすさや通気性など機能面だけでなく患者さんに与える印象も意識。

「ウィメンズメディカルセンター」を立ち上げ、女性専門外来にも力を入れている岡山中央病院。患者さんに和んでもらいたいという想いから、絵画が随所に飾られているのが特徴的です。ユニフォームを新調したきっかけは、開設当時から着用していたチュニックが廃番になったことから。

約2 年前からウエアの切り替えが課題に上がっていました。様々なサンプルを試着する中で選ばれたのは、明るいピンクのスクラブ。動きやすいという機能面以外に、明るく見える、着映えがするということもポイントでした。女性に優しい医療を大切にする病院ならではの視点です。

現場の意見や違うウエアを着用している病棟の声も参考に、ベストな一着を選択。

ユニフォーム選定にあたっては、現場で決めるプロセスを重視したと大枝統括部長。各社のサンプルを看護師長が着用し、管理者会議で決定されました。現場の声を吸い上げるため、夜勤の時間などを使って意見を聞いたのだとか。さらに違うタイプのウエアを着ている病棟の声も参考にされました。

岡山中央奉還町病院では一足先にFOLK のスクラブに切り替えられており、その評判の良さが大きな決め手に。頭から被るタイプを着用している病棟の意見も参考にされました。脱ぎ着がしやすいジップタイプで、活動的になるカラーは大変好評。気も引き締まり、改めて現場が活性化されました。

病院プロフィール

岡山中央病院?岡山中央奉還町病院

岡山中央病院?岡山中央奉還町病院

https://www.kohjin.ne.jp/ launch

岡山中央病院: 岡山県岡山市北区伊島北町6?3
岡山中央奉還町病院: 岡山県岡山市北区奉還町2丁目18?19

岡山中央病院は、1951 年の開設時から泌尿器科、産婦人科、透析部門を中心としてグループの理念である「患者満足の創造」を追求し、地域医療に貢献。現在は、岡山中央病院と岡山中央奉還町病院(元:岡山中央病院)で機能を分化させ、相互に連携しながら地域医療支援病院としての役割を担っています。

導入商品

ジップスクラブ?

ジップスクラブ?

ジップスクラブ?

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 すべてのモデルに「重量拡散ポケット」を標準装備。 アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、PHSやタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED
久草影院_国内偷拍亚洲手机在线视频_宠妻总裁坏透了完整版